最強のHMBサプリ

気になるHMBとは何?

HMBとは正式の名称「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸:β-Hydroxy – β-Methyl Butyrate」の頭文字をとった略語で、日本語では「3-ヒドロキシイソ吉草(キッソウ)酸」とも言われています。

3-ヒドロキシイソ吉草酸
(3ヒドロキシイソきっそうさん、β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸、英: 3-Hydroxy 3-MethylButyrate, HMB, 3-HydroxyIsovaleric Acid, 3-HIA)はイソ吉草酸のβ位の炭素にヒドロキシ基が結合した短鎖分岐ヒドロキシ脂肪酸である。 必須アミノ酸であるロイシンの代謝中間体のひとつ(KEGG)で、1996年にアイオワ州立大学のDr. Steven L. Nissen によりその効能が発見された。引用:https://ja.wikipedia.org/wiki

 

元々HMBは新しい成分ではなく、国外では1996年に効能が見つかり、サプリメントとして活用されていました。

国内では2010年代からサプリメントとして販売されるようになり、厚生労働省が2015年にHMBに高齢者の筋肉分解を防止する効果があると発表したことで人気が急激に高まり、カラダ作りに努める人たちの間でも徐々に使用されるようになってきています。

 

HMBは厚生労働省にも認められた成分

厚生労働省では、「サルコペニア」といった高齢になると筋肉量が減少してきて日頃の生活が困難になる症状について2015年に「HMB」が効果を発揮することを公表しました。

化学的な正式名称はβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸という名前です。 この紹介された中では日本における実験で75歳以上の女性の高齢者155人が毎日3gのHMBサプリを摂り入れることで副作用がない筋肉量の増大の効果、歩行速度の改善が明確に見受けられたとしてあります。

厚生労働省が発表した分野は高齢者の筋肉という観点で、若者がトレーニング等で筋肉を付ける内容とは異なりますが有用性を指したものになります。参考文献:高齢者(PDF:1274KB) – 厚生労働省

 

HMBがだれでも効果は出るのか?

これは個人差がありますし、何も運動しないでHMBを摂取するりも、筋トレといった運動を定期的にこなしている方の方が、その効果を体感しやすい成分となります。

そういう理由で、HMBの効果が全ての人に発揮されるのかと言う所に関しては「ノー」。しかし、HMBの効果は、きちんと、研究データで成果を出しているので、試してみる価値は大いにあるということをしっておきたいです 。

またHMBという成分は、プロテイン同様、栄養食品ですので、飲むだけで効果があるというものではないといえるでしょう。

 

少しの運動でもHMBは効果を発揮!

HMBという成分は高い筋力補強効果を持つ成分のひとつ。きちんとした運動量をこなす自信がもてない方や、それなりの時間を設定する事ができない方であっても、HMBはしっかりとサポートし、筋肉に作用してくれます。

さすがに寝ているだけで、このHMBと言う効果がしっかりと機能してくれるのかと言われると、無理と判定しますが、少しの運動を日々こなす事が出来れば、HMBの効果を実感しやすくなると言えます。

 

HMBがダイエットにも理想的?

そのあたりも、あながち間違いというわけではありません。 HMBは、筋肉量を増加させると同時に、平行して、脂肪燃焼効果も期待出来る成分となりますので、そういったことを考えると、脂肪が筋肉に変わっているという理解になります。

となると、HMBがダイエットにも効果があるという面も、正しい答えに近いと判断できるでしょう。 実際に、HMBと言う成分は、男性だけでなく女性にも注目が上昇している成分になりますので、やはり、ダイエット効果を実感している女性が増えているという所も、今回HMBがダイエットにも有効的なのではないかと結論づけした理由となります

 

HMBを飲むBestなタイミングとは?

HMBは基本的に食品一種なので、明確にこのタイミングで飲んで下さいなどという表記や供述は法律上してはいけないという事実があります。

ただ、プロテインなんかでも、筋トレ後や筋トレ最中に、摂取すると効果的というように、HMBも筋トレ最中や筋トレ後、筋肉への疲労や負荷が高まった時に摂取する事により、その効果を得られやすいと認識できる。

あくまでHMBの摂取タイミングは自由なのですが、HMBの高い効果を実感したいなら、摂取するタイミングをうまく活用してコントロールする事によって、通常以上の効果を期待できると言われているし、実際に愛用している方たちからも、同じような声は上がっています。

 

★HMBサプリの『口コミ』ランキング!

HMB含有の筋肉サプリを選択する上で重要な点が4つあります。

 

『HMBの配合量』

HMBサプリの主な成分はHMBです。このHMBがサプリにどのくらい多く含まれているかが重要です。 HMBの配合量がたくさんあるほど高い効果を発揮できます。

 

『成分の種類』

「HMBだけ摂っていれば大丈夫」と考える人もいるかもしれませんが、HMB以外にもクレアチン、BCAAなど筋肉増大を促す栄養成分がきちんと配合されているかも重要なポイントです。 何より、筋肉増大をサポートする三大成分「クレアチン」「BCAA」「グルタミン」が含まれているかが大事になってきます。

 

『価格』

効率良く筋肉をつけるために必要なのは、筋トレと並行してHMBサプリの摂取を継続していくことです。長く持続できるのかを考えた時に重要なのがHMBサプリの価格です。 HMBサプリはその商品によって一日あたり飲む回数が違うので、今回はHMBサプリの値段を1日あたりに換算して計算してみました。 1日あたりかかる値段を算出することで、そのHMBサプリの効率の良さがわかります。

 

『口コミ』

そして一番重要視しているのは実際にそのHMBサプリを使っている人の口コミです。 とはいえ、ネット上には信用できない口コミばかりが多くて、なかなか信じることができませんよね。 そこで、今回はSNSを納得のいくまでリサーチして、実際に継続的にHMBサプリを使っている人の投稿を選んできました。やはり、実際にHMBサプリを使っている人の本音を参考にするのが一番信頼できます。

 

上記での総合評価をランキングにしてみました。特に口コミに関してはSNSを徹底的にリサーチしていますので、信頼できるランキングです。

 

 ハイパーマッスルHMB

 

ハイパーマッスルHMBの主な特徴
  • HMB配合量が業界トップクラス!
  • 現役のパーソナルトレーナーが監修 !
  • 現役トレーナーがあなたの筋トレ、食生活をサポート
  • 高いモニター満足度 (96.5%)
  • 定期初回価格980円 (税・送料も込み)
  • 返金保証 (15日間)
  • 筋トレ有用成分を配合 (亜鉛・BCAA)

 

 

ハイパーマッスルHMBの基本情報
HMBの配合量 2000㎎
成分の種類 亜鉛・BCAA
価格(税込) 980円・送料無料
定期継続義務
SNS口コミ Instagram:1万件以上

 

ハイパーマッスルHMB by SNS

 

 

 

 

 

 

なぜ満足度『96.5%』もあるのか?人気の秘密を・・↓↓

 

 

 

 バルクアップHMBプロ(BULKUP HMB PRO)

バルクアップHMBプロ(BULKUP HMB PRO)の主な特徴
  • HMB配合量が業界トップクラス!
  • 高いモニター満足度 (95.8%)
  • 返金保証 (90日間)
  • 筋トレ有用成分を配合 (クレアチニン・BCAA)
  • 定期初回価格500円 (税・送料も込み)

 

バルクアップHMBプロの基本情報
HMBの配合量 2000㎎
成分の種類 クレアチニン・BCAAなど
価格(税込) 初回500円・送料無料
定期継続義務 3か月
SNS口コミ Instagram:1万件以上

 

バルクアップHMBプロ by SNS

 

業界トップクラスのHMBを体感する↓↓

 

 

 

 マッスルエレメンツ

 

マッスルエレメンツの主な特徴
  • 筋肉生成に最も必要なアミノ酸「HMB」を1500MG配合
  • コエンザイムQ10 アルファ-リボ酸・クエン酸を配合
  • リカバリー(回復)を働きかける、遺伝子成分DNA・RNAを配合
  • 返金保証 (90日間)
  • 定期初回価格500円 (送料も込)

 

マッスルエレメンツの基本情報
HMBの配合量 1500㎎
成分の種類 コエンザイムQ10 アルファ-リボ酸、クエン酸など
価格(税別) 初回500円・送料無料
定期継続義務 3か月(3回)
SNS口コミ Instagram:1万件以上

 

 

マッスルエレメンツ by SNS

 

業界トレーニーが絶賛!満足度93%を確認↓↓

 

 

 

 

HMBサプリを購入した人は満足してるのか?

HMBを活用して、筋肉量増加の効果を、感じている人がどれくらいいるのか、正式な数字は分かりかねますが、HMBサプリを販売する各社の統計でみると、ユーザーの満足度は非常に高い事がわかりました。

HMBを主成分として、サプリメント化に成功し、現実に、販売をしている各社が発表している、独自の満足度を今回、比較してみましたので、是非とも、そちらを参考にしてみて下さい。

このデータを見ても、HMB購入者が、筋肉量増加に対し、高い満足度を持っている事が分かっている。(満足度は各社90%を超えている)あとは、HMBサプリの内容量をきちんと比較して、一日、3000mgに近い、摂取量を誇れるサプリがあるのか。そういった所を、利用者が吟味していくことがオススメ。

 

HMBを飲むのに不安を感じているあなたへ

HMBを飲み、「確実な効果を実感できるのか不安」という人や、HMBを飲み始めるのは問題ないけれど「しっかりした運動量をこなせるか不安」になっているなら心配しないで、大丈夫です!

HMB使う人の中で、その効果を実感できている人は、多く存在し、その中においても、当サイトで紹介しているHMBサプリは質の高い日本製のHMBを用いているものからしっかりした返金保証までありますので、安心してください!。

ただし、運動やトレーニングは必須。筋肉の成長のきっかけは、筋肉を鍛える事から始まりますので、トレーニング無しでの効果は、あまり期待できないかもしれません 。

また、HMBサプリにトライしてみたいと感じている方は、下記のランキングをぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

 

⇒【HMBサプリの『口コミ』ランキング!】へ

 

HMBは副作用はないのか?

HMBは食品の一種です。薬品ではないことから、副作用当があることはありませんが、むしろアレルギーに作用する可能性はあります。

各人各様、アレルギー体質はありますので、HMBを飲み、なにかしらの症状が出たときは、すぐに病院に向かい相談することを推奨します。そこで、HMBが、アレルギー反応の元となっている要因と判断されたなら、HMBの摂取は控えたほうがいいでしょう。

 

HMBと併せて飲んだ方がいい成分について

一押しするのは、プロテイン、クレアチン、グルタミンとなります。筋肉量を高める為には、トレーニングあとの、プロテインは、必要不可欠。

筋肉が欲しがる栄養分で、プロテインは、最も大きいものとなります。しかし、プロテインだけでは、筋肉を作り出す主な成分であるHMBをきちんと摂取できないので、サプリなどを飲み、HMBの補充をサポートする事をおすすめします。

その他、筋肉の発揮力、回復力、持続力をきちんと高めたいという方は、HMBのみでは役不足。そういう訳で、クレアチンやグルタミンを補足してあげる事により、更に筋肉の回復力や持続力をアップしてくれますので、さらに効果を実感しやすくなってきます。

 

HMBは筋肉量が少ない高齢者にも理想的

もとはアメリカで実験された、無作為化比較対照テストも、70歳男性を対象に、その効果を実証されているくらいですので、HMBの摂取は高齢者にもおすすめしてください。

HMBの摂取を高齢者に推薦する事によって、高齢者の方でも、衰えてきたカラダを支えることが出来るの確率がとても高いんです。なので今後、筋トレサプリよりも、高齢者に向けた、健康サプリにも、HMBの投入は増していくと予想されていますよ。

 

HMBは次の日の筋肉疲労の回復力がハイレベル

HMBは、トレーニングやスポーツをこなした次の日に来る筋肉疲労を抑制する効果も高いと言われています。その理由に、HMBは筋肉疲労の回復力を高める成分の一個でもあるからです。

筋トレ後、次の日に持ち越す疲労や筋肉痛などをHMBは摂ってくれる為、激しい運動をしたあくる日でも、サプリなら過激な運動を行う事が出来ると考えられています。

 

元々人間の体内に存在するHMB

このHMBとは、元々科学的に合成されて発見されたという訳じゃなく、元々人間の体内に存在するものです。先にご紹介したように、必須アミノ酸となるロイシンを材料に体内で作り出される物質です。

では、何故HMBとはサプリで摂取することが必要なのでしょうか?それは、HMBを生成するには、必須アミノ酸であるロイシンが大量に必要となるためです。HMBに関して、一説には、その交換比率は20:1であり、1gのHMBを作るために20gのロイシンが必要ということです。

ロイシン自体が体内に蓄積できない大切な必須アミノ酸なので、筋肉の分解を阻害するHMBを自然の状態で十分に取り入れることは困難だといえるでしょう。 HMBとは、物質の名称であると同時にサプリメントにしても使われる名称なのですが、このような状況を打破すべく研究され、サプリメントにすることに成功しました。

始めは、ほんの一部のアスリートが使用していたのですが、その効き目が称賛され、サプリメントとして販売されるようになったわけです。当然、元々人間の体内で作られる物質ですので、使用する方法を守っていれば安全に活用できます。

 

hmbは5%しか摂れない貴重なもの!

筋肉を作成したり回復させたりするのはアミノ酸がメインになり種類はいろいろあります。 それらの一つがHMBという効果ある成分で、プロテインに入るロイシンから5%しか摂れない貴重なものになります。

プロテインをコップ20杯飲むのと、HMBサプリ3粒が同容量になるということなんですが、あくまでも単体で考えたらの話しです。 筋トレをしていて、BCAA(分枝鎖アミノ酸)をすすめる人が多いですが科学的な根拠は立証されていません。 筋肉というのは水分を除くと80%がたんぱく質なので、筋トレにはプロテインのような良質なたんぱく質が必須だというのが一般論です。

そこに突然HMBサプリメントなるクチコミランキングが登場して、ボディをレッスンで筋肉に直接効果を働きかけますよという宣伝で賛成の声、反対の声、両方飛び交っている状況です。

 

プロテインとBCAA

トレーニング後からこの2つを併せて摂るときは、BCAAのメリットである吸収スピードを生かすことを考慮して、BCAA→プロテインの順に飲むことが大切です。トレーニングの時終了次第すぐBCAAを、5~10分空けてプロテインを飲むと間違いないです。

 

プロテインとクレアチン

2種類の摂取に時間を空けることはありませんが、糖質がブレンドされたプロテインではそちらを先に飲むことが大切です。クレアチンは、糖質を摂った時に出るインスリンによって筋肉に運ばれるため、糖質を先に摂取するほうが正しい流れです。

 

クレアチンとBCAA

お互い吸収スピードを害することがないので、同時に飲んでも順番が前後してみても影響はほとんどありません。しかし、吸収の早いBCAAはトレーニングと絡めて、クレアチンはインスリンが出てくる食後、と飲むシーンを分けたほうが効果が期待できるはずです。

 

関連ページ

⇒『金剛筋シャツ』トップへ

 

HMBの参考資料一覧

リハビリmemo 大学病院勤務・大学院所属の理学療法士・トレーナーによる「最新の研究をトレーニングにつなげることを目論んでの記録」  2017-10-26 HMBんだけれど筋トレの効果を高める理由を上回って国際スポーツ栄養学会のガイドラインから最新のエビデンスまで 筋力トレーニングの科学 スポンサーリンク  「HMBにも関わらずブタのタンパク質の分解を抑えるならば、それにヒトでも同じ効果を期待できるのでは?」  1996年、そしてアイオワ州立大学のNissenらに対しては、そしてHMBによる動物実験の結果ですらものだとになると、または世界で初めてヒトに対する臨床実験を行い、そしてHMBんだが筋タンパク質の分解を抑えや、トレーニング効果を高める可能性がある事実を明らかにしました(Nissen S, 1996)。  HMB以後というものロイシンの代謝産物のことをいいます。ロイシンと言いますのは筋肉のもととなる筋タンパク質の合成にさえっとも重要であるアミノ酸のひとつです。そのロイシンにもかかわらず筋肉のみならず肝臓で代謝されや、生み出されたという作業がHMB(beta-hydroxy-beta-methylbutyrate)です。  Nissenらの発見から20年、そして現代のスポーツ医学以後というものレジスタンストレーニング(筋トレ)に対するHMBのエビデンスを積み重ねとはいえどもあります。  今回はや、2013年とすれば国際スポーツ栄養学会より発表されたHMBのガイドラインを確認しながら、そして今年9月に報告された最新のシステマティックレビューをご紹介しましょう。 Table of contents 目次 •◆ HMBの4つの効果を知っておきましょう •◆ HMBの正しい摂取方法って安全性を知っておくことにしよう •◆ HMBと言いますとHMB-CaからHMB-FAへ •◆ 読んでおきたい記事 スポンサーリンク ◆ HMBの4つの効果を知っておくことにしよう  国際スポーツ栄養学会と言いますと、またはトレーニングに対するHMBの効果について4つのエビデンスを示しています(Wilson JM, 2013)。  それは「筋肥大の増大」や、「筋損傷の回復」、あるいは「加齢による筋肉減少の予防」とか、「脂肪量の減少」です。  筋肥大については、それに筋肉のもととなる筋タンパク質の合成作用んだけど分解作用を上回ることにより生じます。筋タンパク質の合成作用につきましてはmTORという酵素により高まり、それに分解作用と言うと主にユビキチンプロテアソームという酵素の集合体により高まります。  HMBようにする為にはmTORを活性化させや、ユビキチンプロテアソームを減弱させる効果があります。このような効果もとに、それにHMBを摂取したといった場合の筋タンパク質の合成・分解作用を計測した研究ではや、合成作用くせに増加し、あるいは分解作用のに減少することにより、それにトレーニング後の筋肥大為に有意にとっては増大するという考え方が示唆されているのです。 f:id:takumasa39:20171026145327p:plain  これがHMBによりトレーニング後の筋肥大の効果が増大すると言われる理由です。  トレーニングによる筋肉痛については誰でも経験したことがあると思います。これは遅発性筋肉痛(DOMS)と呼ばれておりとか、過度な機械的刺激はいいが筋肉を損傷させとか、筋タンパク質の分解を高めるとともに炎症かつ酵素の流出によって生じる事例がわかっています。  高負荷トレーニングに対するHMBの効果を検証した研究では、またはHMBの摂取によりトレーニング後の筋損傷マーカーであるクレアチニンキナーゼ(CR)のみならず乳酸脱水素酵素(LDH)の値けれども有意には低下するとともにや、筋タンパク質の分解作用時に抑制されるという考え方が報告されています。 f:id:takumasa39:20171026145356p:plain Fig.1:Panton LB, 2000より筆者作成  これがHMBはずなのにトレーニングによる遅発性筋肉痛の回復を高めると言われる理由です。  しかしとか、HMBによる筋肥大の増大って筋肉痛の回復の効果に来るときはトレーニング経験の有無ために大きく寄与する事態に注意が必要です。  HMBの効果の恩恵以降はや、トレーニング未経験者に加えて初心者が多く享受できます。これに対してとか、トレーニング経験者の場合は、そして過度なトレーニングを行った場合までもが享受できるとされています。これは、そして初心者に比べて経験者については、あるいはトレーニングによる筋タンパク質の分解作用が少ないのが理由とされています。つまり、または経験者ではHMBによる分解作用の抑制効果けども意味をなさないのです。  日本人の筋肉量以後についてはや、男女ともに40歳を過ぎると減っていき、それに80歳までに最大10%までもが減少することこそが示されています。これは加齢にともない、あるいは筋タンパク質の合成抵抗性(anabolic resistance)んだけれど高まるためです。そのせいで、そして高齢になっても筋肉量を維持したい場合はとか、より多くのアミノ酸の摂取のではありますが必要になります。何はともあれアミノ酸の中でも、あるいはロイシンとは言え筋タンパク質の合成抵抗性に効果的であるのが示されておりましてや、合致する代謝産物であるHMBにおいても同様の効果はいいけれど報告されています。 f:id:takumasa39:20171026150410p:plain Fig.2:Flakoll P, 2004より筆者作成  これがHMBんだけれど加齢になるとともなう筋肉量の減少を予防すると言われる理由です。  ボディービルダー等々体重別スポーツでは、それに筋肉量(除脂肪量)を維持して、それに脂肪量を落とすことが求められます。しかしながら、それにカロリー制限をすることにより筋肉量までもが減少しやすくなります。これに対してとか、HMBを摂取することによりや、筋肉量を維持できるとともにや、脂肪量為に減少しやすくなることわけですが示されています。女子柔道選手を対象にした調査では、あるいはカロリー制限に加えてHMBを摂取した被験者とされているところは、または体脂肪率のですが有意になると低下した例が報告されています。 f:id:takumasa39:20171026150824p:plain Fig.3:Hunga W, 2010より筆者作成  HMBにしろ脂肪量の減少に寄与するメカニズムとされているところは明らかになっていませんものに、そしてそういった背景からHMBというものは筋肉量を維持し、または脂肪量を減少させる効果のではありますが示唆されているのです。  これらの研究結果から、あるいは国際スポーツ栄養学会の公式声明(ガイドライン)ではとか、HMBによる4つの効果のエビデンスを記しています。 ① HMB以後というもの筋タンパク質の合成を促進し、そして分解を抑制することによりトレーニングによる筋肥大効果を増大させる(特別にトレーニング初心者) ② HMBに関しましては筋トレ後の筋損傷の回復を高める(他の何よりもトレーニング初心者) ③ HMBとされている部分は加齢による筋肉減少を予防する ④ HMBとはカロリー制限という様な組み合わせることで脂肪量の減少を促進させる ◆ HMBの正しい摂取方法という様な安全性を知っておくようにしましょう  国際スポーツ栄養学会のガイドラインではや、HMBの効果をもっとすらも高める最適な摂取方法についても述べられています。  HMBんだけど筋肥大の効果を示すことを願っての最適な1日の摂取量とされるのは、あるいは体重あたり38mg(38mg/kg)とされています。例えば体重70kgでは2.6g(38mg×70kg)となります。こうした計算から、あるいは一般的には3gのだけれど摂取量の目安にされています。3gを1日に数回に分けて摂取する場合が推奨されています。  HMBの最適な摂取タイミング以後についてはトレーニング前(1〜2時間)とされています。これは摂取後2時間ほどでHMBの血中濃度のだけどピークになる時間からり算出されています。 f:id:takumasa39:20171026151110p:plain Fig.4:Wilson JM, 2013より筆者作成  重ねて、またはHMBの効果を最大にしたい場合はや、2週間の継続した摂取んですが必要になります。HMBを2週間以上、あるいは摂取しつづけたグループ後は1週間の摂取したグループよりも筋肥大、あるいは筋損傷の回復の効果のではあるが有意になると大きかった例が示されています。  これに伴い、そしてHMBの効果を最大限に得るためでは2週間以上の継続的な摂取時に推奨されているのです。  これほどの摂取方法によるHMBの安全性ですが、それに国際スポーツ栄養学会となっているのは「全く問題ない」という意味は結論づけています。  HMBの推奨量の2倍である6gを1ヶ月間、または摂取した場合でもコレステロール、あるいはヘモグロビン、あるいは白血球、そして血糖や、肝臓その反対に腎臓機能においては影響とされているところはなかったことんだが報告されています(Gallagher PM, 2000)。  最後にとか、ガイドラインではHMBの摂取形態についても述べられています。これまで紹介したHMBの大部分がカルシウム塩で生成されたHMB-Caによるものです。これに対してや、近年では遊離酸で生成されたHMB-FAによる効果の検証が進められています。しかしながら、それにガイドラインはいいけれど発表された2013年までにHMB-FAによる報告に関しましてはほとんどなく、そして今後のHMB-FAの効果ながらも期待されるという記載にとどまっています。  こういった様に、それに国際スポーツ栄養学会のガイドラインではHMBの効果的な摂取方法という安全性についてのエビデンスすらも記されているのです。 ⑤ HMBの最適な摂取量とされているのは1日38mg/kgである ⑥ HMBの最適な摂取タイミングということはトレーニングの1-2時間前が望ましい ⑦ HMBの効果を最大限に得たい場合は2週間以上の継続した摂取ながらも推奨される ⑧ HMBによる安全性と言われるのは研究により確認されている ⑨ これらの検証というのはHMB-Caによるものであり、そして今後はHMB-FAの検証結果が期待される  国際スポーツ栄養学会のガイドラインのにもかかわらず2013年には発表されや、大方HMBのエビデンスんだけど体系化されました。そして、それにその後はさらにHMBのエビデンスにしろ枝葉を伸ばすから積み重ねられていきます。 ◆ HMBに関しましてはHMB-CaからHMB-FAへ  これまでのHMBの研究以後についてはとか、大部分がカルシウム塩により形つくられたHMB-Caにより報告されてきました。そして近年では、または遊離酸により生成されたHMB-FAによる研究結果が報告されています。  HMB-FAの利点以後というもの、あるいはHMB-Caよりも吸収時間ものの速くとか、血中濃度のピークのだが高いことにあります。HMB-Caとされている部分は血中濃度のピークまでの時間のだが2時間であるのに対してや、HMB-FAと言いますのはごく僅か30分でピークともなると達します。もっと注目される所は血中濃度のレベルです。同じ摂取量であってもHMB-FAについてはHMB-Caに対して概ね2倍の血中濃度レベルものに認めれています。 f:id:takumasa39:20171026151356p:plain Fig.5:Wilson JM, 2013より筆者作成  これを受けとか、HMB-FAと言いますのは筋肥大又は筋損傷の回復効果はずなのに大きいというプロセスが予測されているのです。これがHMB-FA時に期待される理由です。  2017年9月とか、カンピナス州立大学のSilvaらとされているところはとか、レジスタンストレーニングに対するHMB-FAの効果を検証した9つの研究をまとめたシステマティックレビューを初めて報告しました。  最初に、あるいはHMB-FAというのはHMB-Caと同じように筋タンパク質の合成作用とは増大し、あるいは分解作用という点は軽減する効果のではあるが認められています(Wilkinson DJ, 2013)。これはトレーニングによる筋肥大の効果を高めるということを示すとともにや、筋損傷の回復を速める効果につながります。 f:id:takumasa39:20171026151436p:plain Fig.6:Wilkinson DJ, 2013より筆者作成  現実の上でHMB-FAの急性効果を検証したランダム化比較試験(RCT)ではや、HMB-FAの摂取物にトレーニング後の筋肥大を増大させ、あるいは筋損傷を軽減し、そして回復を促すという考え方が明らかになっています。  トレーニング経験のある被験者を対象に、あるいは8週間のレジスタンストレーニングを行わせ、あるいはそれに匹敵するだけの前後2週間を含めた12週間のHMB-FAの摂取による筋肥大する迄の効果のではあるが調査されています。  その結果、あるいはHMB-FAを摂取していない被験者に比べてや、12週間後の筋肉量のにも拘らず有意としては増大したというのが認められました。さらに脂肪量という意味は有意な減少と言うのに示されました(Wilson JM, 2014)。 f:id:takumasa39:20171026151523p:plain Fig.7:Wilson JM, 2014より筆者作成  さらに、それに2016年にすらHMB-FAによる筋肥大の効果にしても検証されていましてとか、同様の結果が得られています。これほどの研究結果から、またはHMB-FAと呼ばれますのは筋タンパク質の合成作用を高め、それにトレーニングによる筋肥大の効果を増大させる場合が示唆されているのです。  さらに、あるいはトレーニングによる筋損傷に対するHMB-FAの効果までもが検証されています。  トレーニング経験のある被験者に対してはや、2日間、そして1日3gのHMB-FAを摂取し、あるいはその後に高負荷トレーニングを行いました。その結果、またはHMB-FAを摂取していない被験者に比べてや、有意としては損傷マーカーであるCK為に減少して存在しや、トレーニング後48時間の筋タンパク質の分解作用やつに減弱していることこそが認められました。  同一のHMB-FAの効果は他の研究でも再現されており(Gonzalez AM, 2014)、それにHMB-FAと言いますとトレーニングによる筋損傷の軽減更に回復させる事が示されているのです。  これらの研究結果をレビューしたSilvaらに関してはHMB-FAの効果をこんなふうに結論づけています。  「HMB-FAとなっているのはトレーニングによる筋肥大、または筋損傷の回復の効果を十分に高める」  しかし、そして本結論をもってHMB-FAのは結構だけどHMB-Caよりも効果があるとと呼ばれますのは言えません。それはこういった2つの摂取形態を直接的に比較した検証がなされていないからです。  今後、あるいはHMB-FAに違いないとHMB-Caの直接的な比較を行った研究のだが報告されると思われます。HMB-FAの効果のだがHMB-Caよりも高いことこそが明らかになれば、あるいはHMBと申しますのは新たなターニングポイントを迎えるかもしれません。  HMBのヒトまでの効果のだけれど検証されてから20年、またはトレーニングの効果を高めるエビデンスと言われますのは体系化されとか、さらに新しい知見というのに積み重ねられています。HMBによる健康分野の研究では、そして加齢による筋肉減少の予防にとどまらず、あるいは癌が特徴的なさまざまな病気に達するまでの効果のだけれど確認されています。今後もHMBによる最新の研究報告を本ブログでもピックアップしてご紹介していきます。 www.awin1.com ◆ 読んでおきたい記事 シリーズ①:筋肉を増やすことを目指した栄養摂取のメカニズムを理解しことをしなさい シリーズ②:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取量を知っておくようにしましょう シリーズ③:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取タイミングを知っておくようにしましょう シリーズ④:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取パターンを知っておきましょう シリーズ⑤:筋トレの効果を最大にする就寝前のプロテイン摂取を知っておくようにしよう シリーズ⑥:筋トレの効果を最大にする就寝前のプロテイン摂取の方法論 シリーズ⑦:筋トレの効果を最大にする運動強度(負荷)について知っておきましょう シリーズ⑧:筋トレの効果を最大にする運動強度(負荷)の実践論 シリーズ⑨:筋トレの効果を最大にするセット数について知っておきましょう シリーズ⑩:筋トレの効果を最大にするセット間の休憩時間について知っておきましょう シリーズ⑪:筋トレの効果を最大にするトレーニングの頻度について知っておくことにしましょう シリーズ⑫:筋トレの効果を最大にするタンパク質の品質について知っておくことにしましょう シリーズ⑬:筋トレの効果を最大にするロイシンについて知っておくことにしよう シリーズ⑭:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取方法まとめ シリーズ⑮:筋トレの効果を最大にするベータアラニンについて知っておくようにしよう シリーズ⑯:いつまでも若々しい筋肉を維持するからすれば筋トレことのみでは不十分? シリーズ⑰:筋トレの効果を最大にするセット数について知っておくようにしよう(2017年7月版) シリーズ⑱:筋トレに違いないとアルコール摂取の残酷な真実 シリーズ⑲:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取量を知っておくようにしましょう(2017年7月版) シリーズ⑳:長生きの秘訣は筋トレにある シリーズ㉑:筋トレの最適な負荷量を知っておくことにしましょう(2017年8月版) シリーズ㉒:筋トレのだけれど不安を解消するエビデンス シリーズ㉓:筋肉量を維持しながらダイエットする方法論 シリーズ㉔:プロテインの摂取と言われますのはトレーニング前と後のどちらが効果的? シリーズ㉕:筋トレの前にストレッチングをしてはいけない理由 シリーズ㉖:筋トレの効果を最大にするウォームアップの方法を知っておくことにしよう シリーズ㉗:筋トレの効果を最大にするセット間の休憩時間を知っておきましょう(2017年9月版) シリーズ㉘:BCAAけれども筋肉痛を回復させるエビデンス シリーズ㉙:筋トレの効果を最大にするタマゴの正しい食べ方 シリーズ㉚:筋トレながらも睡眠の質を高める〜世界初のエビデンスわけですが明らかに シリーズ㉛:筋肉の大きさから筋トレをデザインしよう シリーズ㉜:HMBのにも拘らず筋トレの効果を高める理由以来国際スポーツ栄養学会のガイドラインから最新のエビデンスまで シリーズ㉝:筋トレの効果を高める最新の3つの考え方〜Schoenfeldちゃんのインタビューより シリーズ㉞:筋トレそれを使って脳が変わる〜最新のメカニズムにも関わらず明らかに シリーズ㉟:ホエイプロテインと言われるのは食欲を抑える〜最新のエビデンスを知っておくことにしよう シリーズ㊱:筋トレ為に病気による死亡率を減少させる幸福な真実 シリーズ㊲:プロテインという意味は腎臓に於いてはダメージを与える?〜現代の科学けれども示すひとつの答え シリーズ㊳:筋トレにはアルコールの残酷な真実(続編) シリーズ㊴:筋トレの効果を最大にする「関節を動かす範囲」について知っておくことにしよう シリーズ㊵:筋トレのだけれど続かない理由〜ハーバード大学けど明らかにした答えと言うのは? シリーズ㊶:筋トレという遺伝の本当の真実〜筋トレの効果は遺伝で決まる? シリーズ㊷:エビデンスにもとづく筋肥大を最大化することを目指す筋トレ・ガイドライン シリーズ㊸:筋トレしてすぐの筋肥大以後については浮腫(むくみ)であるという残念な真実 シリーズ㊹:時間がない時にやるべき筋トレメニューという風には〜それまでの科学的根拠わけですがあきらかに シリーズ㊺:筋トレの効果を最大にする新しいトレーニングプログラムの考え方を知っておくことにしましょう シリーズ㊻:筋トレということは心臓ですら強くする〜最新のエビデンスのですが明らか筋トレ後のアルコール摂取んだけど筋力の回復を妨げる?〜最新の研究結果を知っておくようにしましょう シリーズ㊼:プロテインと呼ばれますのは骨であってもろくする?〜最新の研究結果を知っておくことにしましょう シリーズ㊽:コーヒーのではあるが筋トレのパフォーマンスを高める〜必要条件を満たした科学的根拠を知っておきましょう シリーズ㊾:睡眠不足に関しては筋トレの効果を低下させるを上回ってピッタリ合う科学的根拠を知っておくことにしよう シリーズ㊿:イメージトレーニングわけですが筋トレの効果を高める〜そちらの科学的根拠を知っておきましょう シリーズ51:筋トレ後のアルコール摂取ものの筋力の回復を妨げる?〜最新の研究結果を知っておくことにしましょう シリーズ52:筋トレ後のタンパク質の摂取となっているのは「24時間」を意識することが肝要理由 シリーズ53:筋トレにも関わらず高血圧を改善させる〜それらの科学的根拠を知っていこう シリーズ54:ケガなどで筋トレできないときになるかならないかタンパク質を摂取するはずのじゃないでしょうか? シリーズ55:筋トレ以後というもの脳卒中の発症リスクを高めるつもりなのか?〜筋トレによるリスクを知っておくことにしましょう シリーズ56:筋トレを続ける技術〜意志力をマネジメントしよう シリーズ57:筋トレ後にプロテインを飲んですぐに仰向けには寝てはいけない理由 シリーズ58:筋トレに対しましては朝やるべきあるいは、または夕方やるべきor問題 シリーズ59:筋トレの効果を最大にする食品もしくはプロテインの選ぶポイントを知っておくことにしましょう シリーズ60:ベンチプレスをするなら大胸筋損傷について知っておくことにしよう シリーズ61:筋トレの効果を最大にするタンパク質の摂取パターンを知っておきましょう(2018年4月版) シリーズ62:筋トレ後のタンパク質摂取においては炭水化物(糖質)と申しますのは必要ない? シリーズ63:ホエイ・プロテインのだと筋トレ、そしてダイエット、そして健康についての最新のエビデンスまとめ シリーズ64:筋トレの効果を最大にする「牛乳」の選び方を知っておくことにしましょう シリーズ65:一体プロテインの摂取とされているのは筋トレの効果を高めるつもりなのか? シリーズ66:筋力を簡単にアップさせる方法から筋力に間違いないと神経の関係を知っておくことにしよう シリーズ67:筋力増強とは筋肥大の効果を最大にするトレーニング強度の最新エビデンス シリーズ68:筋トレというもの疲労困憊まで追い込むことが常識じゃないでしょうか?〜最新のエビデンスを知っていこう シリーズ69:筋トレで疲労困憊まで追い込んではいけない理由(筋力増強版) シリーズ70:筋トレで筋肥大の効果を最大にする「運動のスピード」を知っておくようにしよう シリーズ71:筋トレで筋力増強の効果を最大にする「運動のスピード」を知っておくようにしましょう シリーズ72:ネガティブトレーニングと呼ばれますのは筋肥大に効果的なのだろうか?〜最新エビデンスを知っておくことにしましょう シリーズ73:筋トレを続ける技術〜お金ですらもらえれば筋トレという意味は継続できる? シリーズ74:プロテインというもの腎臓においてはダメージを与える?〜ハーバード大学の見解という最新エビデンス